Posted by on January 26, 2018 4:21 pm
Tags:
Categories: Crispr

ゲノム編集とCRISPR/Cas9が8分でよくわかる動画

2013年に「クリスパー」が報告されて以来、ヒトをはじめとした、あらゆる動物細胞において、選択的に遺伝子を「無機能化」したり、遺伝子を変更することができる「この技術」は、その、「分子ハサミ」により「遺伝子工学」を改革し続けており、癌や、遺伝性疾患の治療における、遺伝子療法への発展を期待されています。

Leave a Reply